1. ホーム >
  2. appsee blog

appseeが2017年度版Gartnerレポートの業界リーダーに選出されました



Gartnerレポート「2017年度版モバイルアプリ解析マーケットガイド」がモバイル解析市場内のツールを紹介しました。多くのツールが存在するこの市場内で、アプリ担当者が相応しいツールを選ぶことは大変難しい状況です。その為に、Gartner社が業界トップブランドとその機能をリスト化し、アプリ施策決定に役立つ情報を提供しています。

レポートにおいて、Gartner はアクセス解析(オペレーション解析)とユーザ利用解析(定性解析)を差別化しました。そして、アプリ成功のカギは、複数の解析ツールを正しく組み合わせて検証することであると述べています。

ユーザ利用解析(または定性解析)は可視化と定性化インサイトを定性データへ追加したツールです。アプリ担当者がユーザセッション録画あるいはタッチヒートマップを 検証して、訪問ユーザが実際にアプリをどう扱っているのかを分析できます。従来の解析ツールでは得られなかったデータであり、ユーザエクスペリエンスを最適化し、アプリに内在する問題点を解決させます。

appseeは Adobeや Localytics、 Mixpanelなどの人気ブランドと比較されることがあります。しかしながら、画面ヒートマップやセッション・リプレイ(画面録画)、クラッシュログのシンボル化に特化したappseeの機能は大きく際立っているでしょう。

Zahi Boussiba(appsee社CEO)は「弊社の成長と共に、定性解析の重要性を証明する成功事例もドンドン増えています。 タッチヒートマップやユーザ画面録画といった基本機能から全画面を使ったA/Bテストや遷移分析まで、appseeは広く活用されています。」と説明しています。

Gartnerレポートだけでなく、最新のForresterレポート「ブランド分布:知っておきたいモバイル解析ブランド」も、従来型解析ツールと併用すべき可視化や定性化データとしてappseeを紹介しています。ユーザ行動解析の重要性と、2017年のアプリ戦略における導入例も両レポートが強調しています。

モバイルアプリ用GOOGLE ANALYTICS(グーグルアナリティクス)とAPPSEEのユーザ録画技術が統合しました



最近のモバイルエコシステムにおいては、どんなアプリであっても、Google Analyticsからの量的データを収集しているのではないでしょうか。充実した数的インサイトを得たい時、Google Analyticsは業界のスタンダートとなっています。

このGoogle Analyticsのパワフルな定量データとレポート能力へ、より一層の分析を加えませんか?

Appseeの量的分析データとモバイルアプリ用Google Analyticsが統合されたのです。

統合によってどんな利点が加わりましたか?Google Analyticsレポート内において、特定のユーザ行動やイベントによってセグメントしたアプリ利用者の実際のセッション録画を閲覧する事が出来ます。例えば、「支払う」ボタンを押したユーザのアプリ内行動の可視化が可能です。Appseeの安定したユーザ録画テクノロジーによって、指定したユーザのアプリ内での全ての行動やインタラクションを確認できます。つまり、実際のユーザの購入スタイルや好みを直接的な検証も可能です。Googleの詳細なレポートと合わせて分析すれば、アプリ利用者の行動を深く知った上で、正確な最適化を実現出来る事でしょう。



とにかく、統合は簡単にご利用いただけます。わずか数分の設定で、Google Analyticsデータを反映した解析が始まります。

フォレスターリサーチが、Appseeをアプリ品質分析のための「必須分析ツール」と評価

最新Forresterレポートにおいて、最適な先進ツールを提供するモバイル分析商品と企業が発表されました。ホリスティック・アプローチによる分析と複数ツールの使い分けの重要性が強調されたレポートとなっています。

また、今回のレポートでは、モバイル分析ジャンルとして、「品質分析」などが新しく評価されました。品質分析には、可視化分析、ユーザエクスペリエンス分析、モバイルインタラクション分析などが含まれ、Forresterはこの分野を特に重要視しています。

ユーザーセッションの録画やヒートマップから、データの可視化を行うのが品質分析です。従来タイプの分析ツールでは不可能であったデータであり、実際にユーザがアプリをどう扱ったのか、また、クラッシュやその原因を企業に教えてくれるのです。アプリに内在するトラブルをピンポイントで修正し、ユーザエクスペリエンスを最適化する事を可能にします。

この新カテゴリーにAppseeが、品質分析のリーディングツールとして評価されました。Appseeの先端技術は、開発部署や商品担当者が任意のユーザーセッションやクラッシュの様子を動画検証し、UIとヒートマップの最適化を実現したからです。Appseeは更に、このような可視化機能だけでなく、リテンションやユーザージャーニー、取扱い方法、コンバージョンファネルなどへの詳細な検証を提供しています。モバイルチームはこのような詳細なデータによって新しい分析を行えるのです。

Zahi Boussiba(Appsee社 CEO)は「品質分析が如何に大切であるかを、多くの実例が示しつつあります。ユーザの一部がファネルでドロップしてしまう理由がアプリのクラッシュにあるという事を可視化検証によって開発や商品担当者が発見できるようなるのです。」と述べています。

複数ツールの使用をForresterレポートは推奨しています。品質分析も、他の分析ツールと併用されるべきなのでしょう。

    ポイント:

  • 全機能をひとつで提供できるツールはありません
  • モバイルのデータ管理、分析、最適化のためには、多くのレベルでの検証が必要
  • ユーザ利用を高める為には、まず分析が大切.

Best Mobile Analyticsが「appsee」を2016-2017モバイル解析ツールのベストバリュー賞に選出!

「appsee」は、ユーザエクスペリエンスの専門家たちによるBest Mobile Analytics から最高評価をいただきました。以下、その理由を抜粋します。
「実に8割以上のアプリには、何らかの解析ツールが入れ込まれています。しかし、そのツールは、強力なユーザエクスペリエンスや自動化タグ、ユーザ動作の動画撮影やヒートマップ等の高機能が可能でしょうか?appseの高機能ユーザエクスペリエンスを使用すれば、一日数分の管理だけで、様々な解析が可能になります。更に、解析の可視化機能も大変充実しています。人間の脳は、文字よりも画像の方が実に6万倍も速く処理できるのです。新しい解析ツールを統合するのは簡単です。Appseeなどは、たった一行のSDKを入れ込むだけです。
モノが溢れ、競争が激化する現代のマーケットにおいては、「顧客維持」が最も重要でしょう。Appseeは最も対応の早い、頼りになるサポート体制を有してします。 総合的に評価した場合、その機能や使い易さ、カスタマーサポート、自由度の高い価格設定等から「appsee」を選出しました。」

質問#1

「モバイルアプリ解析ツールで最も人気なのはどれ?」

appsee Flurry Localytics Google Analytics mixpanel Amplitude
対象者 商品マネージャー&
アプリ開発部
アプリ開発部&
マーケティング部
商品マネージャー&
マーケティング部
マーケティング部 商品マネージャー&マーケティング部 商品マネージャー&マーケティング部
長所 ユーザセッションの 録画、タッチ&ヒートマップ 競合比較分析 自動化マーケティング、プッシュ通知 Google Play統合 高い自由度 データのコホート
短所 限定的な
カスタマイズ
データ精度の不足 データ収集の直観性が不足 曖昧で雑 価値を上げるためには時間がかかる データ観点に不足
使いやすさ ユーザフレンドリー 充分 充分 複雑 充分 ユーザフレンドリー
統合性 SDK一行 CocoapadsとxcodeプロジェクトへSDK CocoapadsとxcodeプロジェクトへSDK タグマネージャー SDK一行 SDK一行
サポート体制 最良 なし 良い なし 良い 最良
価格 低額 無料 中間 無料 中間 低額
リアルタイム性 X X X

質問#2

「使用中の解析ツールに足りないものは何でしょう?」
もし完璧なアプリ解析システムをお使いだとしても、何か足りないと感じていらっしゃるかもしれません。 それには以下のような理由があるでしょう: A:欲しい項目の全てが追跡できない B:インターフェースの操作が難しい C:アプリ画面のサイズに上手くフィットしない D:サポートのレベルが低い E:データの表示が分かりにくい

質問#3

「うちの部署に必要な分析とは?」

あなたの部署(開発、プロダクトマネージャー、マーケティング)とそのKPIをお教えください。複数の部署でご使用予定ですか?それなら、既に、追跡するKPIがたくさんあるはずです。分析システムを使用するのは自分だけですか、それとも、チームでログインしますか?通常、部署で必要な解析は以下です:

アプリマーケティング
コンバージョン
ファネルは高い最終達成率が必要で、ユーザフローは使い易く、コンバージョン率は業界基準を上回る必要があるでしょう

アプリ開発
QAとバグの解消
アプリは安定的でなくてはなりません。検証は効率的で、短時間で終わるべきです。バグの再現に2秒以上かかってはいけません。

プロダクトマネージャー
ユーザエクスペリエンスとジャーニー
ユーザエクスペリエンスは卓越し、ジャーニーは楽しいものである必要があります。各機能はちゃんと動くべきです。

質問#4

「予算はどれぐらいですか?」
もし、全く予算をかけられないとしたら、それも良いでしょう。しかし、目標への達成能力は商品の品質とダイレクトに影響しますし、少なくとも、どんな計画を進行させながら何を修正するかを正確に理解する必要があるでしょう。では、無料の解析ツールならどうかというと、きっとタダに相応しい品質程度でしょう。幸いにも、僅か月額数百ドルから始められる開発ツールもあります。もし完成したアプリを本気で流行らせたいと思うならば、最初に投資するべきはコレです。

質問#5

「解析ツールは幾つ必要でしょう?」
研究データによると、成功したアプリは二つの解析システムを利用しているそうです:「重い」ツールは四半期レポートに最適な総括的、卓越した詳細性を保持するもの。「軽い」ツールは、もっと動的に日々使用できるもの。しかし行き過ぎも良くありません。6つの解析システムを導入したという恐ろしい話を聞いたことがありますが、これは明らかに誤使用と言えるでしょう。

質問#6

「このツールは使い易いでしょうか?」
世界中の全データや莫大な機能を備えるツールであっても、簡単に問題解決策を見つけられなければ意味がありません。事実上何でも出来るけれど扱いが難しい、といったシステムがありますが、それでは結局、使いこなせなくなってしまうでしょう。そして、対策や施策するよりも、データの解読に時間がかかってしまうわけです。そうなると、どんな事が起こるのでしょう?ここに、「インターフェースとの相性(interface chemistry)」という言葉があります。ツールをじっくり見て、あちこちクリックしてみると、好きになれるかきっとわかるでしょう。実はこんな簡単なことなのです。妥協してはいけません。

質問#7

「可視化表示は本当に必要ですか?」
人間の脳は、文字よりも画像の方が6万倍も素早く処理できるのです。だから、どんなタイプのデータよりも画像データの方が、より良く処理反応されるのです。モバイルアプリ分析の中には、この事実を受けて、質的表示を可視化機能により量的に表し、数字だけでは分からなかった、問題点を明らかしてくれるものもあります。可視化データはとても強力なので、クラッシュやアプリのインターフェースを理解できないユーザ、特定画面だけに起きる悪操作などの問題を提示する事が出来るのです。

Appseeなら、以下の可視化機能を解析システム内に有します。

ユーザフローの可視化
もし的確に行えば、アプリの特定スクリーンがクリック可能になり、ユーザが直観的にそこに至るまでと、次に何処へ向かうのかといった事も分かります。特にフロー内に制限やハードルがあるアプリのユーザの全流れや、ユーザジャーニーを徹底的に最適化する方法をしっかり理解するためには、これが個人的には最も素晴らしい点と思われます。

ヒートマップ
通常この機能は、累積データレベルで解析し、ユーザが画面上で頻繁に行う動作などを表示します。インターフェースフローに焦点を当てたり、タップの反応が悪いために調整が必要だったなどの動作が分かるでしょう。

録画機能
まさに録画が可能であり、アプリユーザが使用している時の実際の画面を視聴する事が可能です。このユーザセッションを見る、という事により、如何に多くの洞察を得る事ができるかは想像以上のものがあります。録画ビデオをツールやディバイスやバージョン、地域によって分類して視聴できるツールを選びましょう。

質問#8

「ライブ(リアルタイム)機能は必要でしょうか?」
必要です。解析ツールのダッシュボードを開いたときに、数時間前の、特に一日前の「最近のデータ」を閲覧したくはないですよね?ユーザはリアルタイムであなたのアプリを利用しているのですから、解析もそのようであるべきです。

質問#9

「簡単に導入出来るのはどんなタイプでしょうか?」
新しい解析ツールを導入には、数分で「完了」Eメールが返答されるものから、2週間の犠牲や時間を必要とするものまであります。実施のために何を要求されるのかを十分に尋ねてみてください。例えば、アプリ中に各イベントのタグ入れをするのか、購入後すぐに利用できるのか?こういった質問は、実際の統合をどのように行うのかを正しく測っておくことが出来るからです。額面通りに「5分間で統合完了」を信じていけません。

質問#10

「購入後、誰が電話サポートを受けてくれるのでしょうか?」
カスタマーサポート、カスタマーサクセス、カスタマーハピネス。これらは、シンプルながらも大変重要な事柄を示しているでしょう。ここで強調したいのは、携帯ステークホルダー(関係者)として、選んだツールから最大限の価値と恩恵を得てください。最近では、ツールには膨大な価値も付随してきます。良いカスタマーサポート担当者というのは、ツールを振り回しているか、それとも魔法を使っているのか程の差異がでるものです。どの担当者もあなたのサポートをします、と言うでしょうが、これがしばしば空虚な約束に過ぎないことも多いのです。良いサポートサービス担当者である場合の見分け方があります:そのホームページ上にカスタマーサポートチームが掲載されているかチェックしてみてください。もしあったなら、企業姿勢として、カスタマーサポートを大切にしている可能性があります。

アプリユーザの10の事実

infopic1

 

By |March 30th, 2015|

こんにちは、本日は、アプリをテーマとした、情報画像を共有します!

1. 世界中で1,000,000,000台のスマートフォンが2015年度に流通します。

2. モバイルのインターネット使用率は前年と比較して、66%増加し続けている。

3. 92,880,000,000の無料アプリが、2014年にダウンロードされた。

4. 9,190,000,000の有料アプリが、2014年にダウンロードされた。

5. 1,300,000個のアプリがGoogle Play Storeに登録されています。

6. 1,200,000個のアプリがApple App Storeに登録されています。

7. 2014年のモバイルアプリ収益はグローバルで$34.99 Billion

8. ダウンロードされた、20%のアプリは一度だけ起動され、その後、使用されていない。

9. 世界中で、最も使用されているアプリはFacebookである。

10. モバイル端末利用時間の86%はアプリの利用である。

 

AppSee-2-387x1024

 

 

 [appsee blogより引用 英文]

E-mailかフェイスブック  アプリ登録に人気なのは?

By |February 24th, 2015

Appseeは多ジャンルのアプリを100個選び、ユーザ登録について検証した。

 

app_registration_fb_vs_email

 

結果1 ユーザはどっちで登録する?E-mailかFacebook?

  • 56.5%のユーザはEmail と基本情報を入力しアプリに登録。
  • 43.5%のユーザはFacebookを通じてアプリに登録。

 

結果2 E-mail登録の場合、入力項目数はユーザエクスペリエンス(UX)に影響する。

  • 登録項目の平均数は3.8
  • 35%は4項目の入力が必要。 (姓、名、Email、パスワード)

 

結果3 UXをシンプルに、登録までの時間を短く

  • 登録画面での平均時間は36秒
  • 入力項目が多い、もしくは、スワイプなどのジェスチャーが増えると離脱者が増える。

 

この4点を抑えよう!

  1. E-mailでの登録(手動入力)とSNSでの登録のハイブリッド型を採用!
  2. 入力項目は最小限にする。
  3. 可能であれば、登録時の項目を4個以内に抑える。登録完了までのスピードが重要!
  4. 登録画面のユーザビリティを事前に調査/改善。入力項目が小さい、スクロールが多いは避けよう。

 

 

 

Appsee-Infographic-PR

[appsee blogより引用 英文]

モバイルUXの最適化 -2015年のアプリ・トレンド‐

 

By Robin Schwartz| December 4th, 2014|

shutterstock_198896924

 

“シンプリシティ”‐モバイルUXを最適化するためのテーマ‐

 

アプリを開発するにあたり、最新のトレンドを取り入れるのは重要である。

数百万のアプリのなかで目立つのは、かなり厳しい。

一歩先を行くために最新のトレンドやユニークな機能を取り入れ、モバイルUXを改良しよう!

2015年、“シンプリシティ”はモバイルUXに欠かせないテーマになりそうです。

では、モバイルUXを最適化するためのトレンドを紹介します!

 

コンテンツ

アプリを使用するデバイスの画面は小さく、画面に映し出されるコンテンツ量には限度がある。

コンテンツやレイアウトは明確かつ簡潔でなければならない。

モバイルでは無駄のない“シンプル”なレイアウトが最も重要である。

 

今、モバイルUXはカスタマイゼーションから個人化(パーソナライゼーション)へ移行しつつある。モバイルデバイスの個人化により、ユーザの使用履歴や位置情報等により配信されるコンテンツは変化する。つまりユーザの求めるニーズを提供することにより、ユーザのモバイルUXを最適化させることができます。

 

フラット UI

2015年もフラットUIは引き続き人気を集める。

ミニマルなアイコンと厳選された色使いがスタンダード化される。

ユーザの行動を踏まえたうえのレイアウトを忘れてはならない。

blog-post-mobile-ux-behance.net_

Image source: behance.net

 

シンプル・ナビゲーション

アプリ内のナビゲーションは最も重要な課題であると言っても過言ではない。

ユーザの目的は問題なく達成されるべきであり、目的のコンテンツまで最短のナビゲーションでたどり着けるレイアウトを意識しよう。

e-commerceアプリには欠かせない。

 

“素人風”の写真

インスタグラムに投稿される素人風の写真が人気を集めている。

なぜなら、写真がより身近なものに感じ、親近感をもたらすからである。すべてのアプリに適応できないが、“シンプリシティ”のテーマは既存している。

 

blog-post-mobile-ux-techradar

Image source: Techradar

 

とにかく“大きく!”

モバイルの画面は小さい。

より、ユーザの混乱を招く機能は省いたうえ、テキストやボタンを大きくしよう。

blog-post-mobile-ux-topdesignmag

 

Image source: topdesignmag

 

テーマ

アプリ内の背景やテキスト色のカスタマイズもモバイルのトレンドになるであろう。

アプリを個人化し、ユーザ自身がモバイルUXを改良する。

モバイルの新機能や新機種が日々紹介されるなか、2016年のトレンドは予測できないが、2015年はアプリに焦点があてられる。

上記のトレンドをアプリに取り入れてユーザのUXを改良しましょう!

 

[appsee blogより引用 英文]

モバイル ショッパーのユーザ行動

 

By |December 25th, 2014|use-this

 

2015年はモバイルの年です!

モバイルでのインターネット使用が加速しているなかm-Commerceは発展しているのか?

 

eMarketerのレポートによると、モバイルショッパーは2013年度より23%増加し2014年度には145,90万人に達したと公表している。しかし、商品を購入したのは半数である。

 

モバイルによる購入は少ないが、84%の実店舗購入者は事前にモバイルで商品の下調べを行っている。さらに、Consumer Electronic Association によると58%のショッパーは実店舗で店員に質問を問わず、”モバイルで情報を得ている”と答えた。

 

今後もモバイル端末は人々の購買行動に影響を与えていくに違いない。

今年度に実施予定のモバイルペイメント、Apple payやCurrentCの動きから目が離せませんね!

[appsee blogより引用 英文]

プッシュ通知はユーザ獲得に有効

By |January 8th, 2015

Push-Notifications

プッシュ通知を有効に活用し、ユーザのアプリ使用率をアップさせよう。

3件の面白いデータを共有します!

 

  • 5件のアプリインストールのうち、1件は一度だけの起動で終わる。(記事 英文
  • 18歳~34歳のユーザの76%はプッシュ通知を「オン」にされている。(記事 英文
  • プッシュ通知は40%以上のCTRを得られる。(記事 英文

 

上記のデータを基に考えると、100人のユーザのうち約76人にはプッシュ通知を通じて案内が可能です。

そして76人のうち30%がアプリを起動することになれば、100人中、約22人のユーザを引き込むことができます!

ユーザへのプッシュ通知を有効的に活用すれば、アプリの使用率もあげられますね。

ただ一つ、Rohit Srivastav氏のブログにも書かれているように、やりすぎには注意しましょう!

“Do Not. I Repeat:Do Not Overdo It”

[appsee blogより引用 英文]

appsee ブログを始めました。

appseeブログ へようこそ。こちらでは、appseeに関する事、アプリに関する事、業界の最新情報などを随時更新してまいります。ご期待下さい。

© Interarrows アップシーオフィシャルパートナーインターアローズ