ヒートマップ分析

  1. Appseeホーム »
  2. Appsee機能 »
  3. タッチヒートマップ

タッチヒートマップ

タッチヒートマップAppseeはアプリ画面すべてのタッチジェスチャーについて、記録しています。そしてこれらを統合してタッチヒートマップとして、ビジュアルで表示させます。ヒートマップからは、ユーザが関心を持つエリアやよくタップする箇所、気になるコンテンツなどを理解することができます。

タッチヒートマップからはこのような興味深い洞察が得られます。

  • どの画面のどのパーツが一番興味を引いているのか?
  • どのアクションボタンが最も使われていないか?
  • どの機能が最も利用され、また取り除ける要素はどこか?

タップを得ていない個所を特定することで、ユーザインターフェース内の障害物を取り除きます。

タッチヒートマップを使えば、例えば、ユーザの30%が、実際には画像やラベルであるボタンのように見えるUIの上で「タップしている」といったことがわかるようになります。

appseeのタッチヒートマップ
 

appseeの導入に関するご相談は
下記までお問い合わせください。
株式会社インターアローズ
平日9-18時 電話:03-6431-8022

フォームからのお問い合わせはこちらから

© Interarrows アップシーオフィシャルパートナーインターアローズ